若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

1000mm超の金型をレーザー溶接しています。

      2021/02/02

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

1000mm超の金型をレーザー溶接しています。

こんにちは。

レーザー溶接は、小さい物から大きい物まで様々なものを溶接しています。

ピンセットで摘まんで取り扱う物もあれば、今回のように1000mmを超えるような物まであります。

 

やっていることは、同じ溶接です。

そうなんです、シンプル。

顕微鏡を覗いた拡大の世界で格闘することは、同じです。

 

違うのは、準備です。そこが、大きな要因ではないでしょうか?!

段取りですね。

「段取り8割、作業は2割」知ってる知ってる!!・・・そうですよね。あらゆる仕事に共通しているので、そんな声が聞こえてきそうです。

 

これまでも、段取りの話題は何度か取り上げてきていると思います。

それほど重要なポイントで、しかも共感できることがよくあると思います。

そのことをスムーズに進めるには、誰が?いつ?どこで?どのように?行うか。

 

レーザー溶接の作業は、手先に集中して行います。

その段取りは、その”集中”を目的とする過程となります。

 

1000mm超の金型となりますと、特に1人では作業効率がグンと下がります。

2人で行えば、生産性も向上し、さらに安全性も向上します。

 

声を掛け合いや指示の出し方など、確認作業はまだまだ改善していかなければなりません。

マニュアル作りも良いですが、拘りすぎるとコストや時間を要して成果が出にくいので・・・

まずは、今すぐにでもできる「声掛け」から強化に努めることがベストでしょうか。

今日の若き溶接職人

ボールを蹴ることから、遠ざかっています。

フットサルスクールも通っていないです。

 

時には子供たちと、転がして遊んでいる程度ですね。

そろそろ、感覚が鈍って戻らなくなりそうな予感がします。

 

せめて・・・1日10,000歩は目標にそれ近くは続けています。

あと、ギリギリ腹筋背筋を各30回は続けていますが・・・

もう少し、蹴りたいです。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - レーザー溶接 ,