若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

サッカー人生初のMVP~不完全な息子~心室中隔欠損症

      2020/01/27

こんにちは 六ヶ所の嫁です。

我が家の息子は、不器用な子なんです。
いわゆる要領が悪い。

そんな息子、幼稚園の年少さんの時、
たまたま同級生が始めたサッカーを習い始めました。

勢いで習い始めたものの。
そないに興味がわかなかったのか…
ボールをちょろっと追いかけては
お砂遊び…

そんなこんなで始めたサッカーも8年目。

お砂遊びに夢中だった幼稚園時代を経て
小学生になると一生懸命練習に参加するようになりました。

でも、要領悪い、不器用。
今でいう「KY」⇐空気読めない。あれ?「KY」自体古い??笑

そんな個性もあって一生懸命な割には
評価されるような選手になれない日々でした。

たまに行われるカップ戦でのMVPにあこがれるけど。
遠い遠いMVP…

ところがです。
そんな彼が、2年前 あるきっかけで
海外でのプレーを経験したコーチに出会い、
海外でプレーさせてもらえる経験をし、
個性もすべて受け入れ評価してもらえる環境に出会い
所属チーム plus でこのコーチのスクールに通うようになって。

少しずつ、自信あるプレーに変わってきました。

そして、ついに。
ついに、先日 年始一発目のある大会で
念願の「MVP」を頂きました♪

東大阪市 レーザー溶接

サッカー8年目にして初MVP

 

これには、家族全員が驚きと喜びに包まれました。

ただ、これは、やはり所属チームで出場した大会ではなく、
息子を評価してくれるコーチ率いるチームで参加した大会でした。

サッカー始めて8年。

本当に嬉しい誇らしいMVP。

きっと、良い自信となったでしょう。

この日の結果は、準優勝でしたが、
この日、1番 目標としていたチームに
3-2で勝ちました。
その決勝点をもぎとったのが、息子でした。

子供も大人も 評価してもらえると
伸び伸び自分の持ってる力が出し切れるのかも
しれないですね。

このコーチとの出会いは、
私達親子の考え方すべてを変えてくれたと思います。

そして、息子はプロを目指します笑

プロを目指します

所属チーム、町のクラブチームで高い評価を得ることが
出来ない息子ですが、
彼が本気で目指すというなら、
親の私達もバカになって必死に応援、支援していこうと
本気で思ってます。

夢見ないと夢なんてかないませんもんね。

不完全な息子は、心臓に穴が空いてます。
心室中隔欠損症という先天性の病気です。

それでも、幸い何の制限もなくこれまで
過ごしてきました。

サッカーも自由にできました。

しかしです。

彼が、プロを目指すとなると
いつかその心臓の穴と向き合う時がくるのです。

年に1回の経過観察の診察で
医師から自然の成り行きにまかしたとして。
大事な大事な時期に手術が必要となる可能性が
彼のサッカー人生において困るというなら、
小学生のうちに穴をふさぐ手術をしますか?
ということでした。

手術自体は、心臓手術の中では簡単なものらしいです。
ただ、それでも心臓にメスを入れる
心臓をいったん止めて人工心肺に切り替える
など。
しなくていいのに、するにはリスクが高い。
そんなことを家族でじっくり考えてくださいと。

いつか、こんな日が来るとは思っていたけど。

怖くてたまりません。

心臓とめるって…

素人でも、リスク高いのわかるわーーって話なんですよ。

家族会議を何度もしました。
長女は、素直に怖いと。
サッカーそんな真面目にやってへんやん
そやのに、何でそんな手術うけるん?
絶対せなあかんかわからん手術やったら
わざわざせんでええやんと。

私も。
命がけで産んだのに
アンタが本気でサッカーせえへんねやったら
手術を今あえて受ける必要ないやんって。

次女は、わからんと。

でも、息子と旦那さんは
サッカー選手なるねんから受けようと。

たくさん話した中で。
息子が私に言ってくれた言葉がありました。

「かあちゃん、俺な。
万が一のことがあったとしてもな
絶対 後悔せえへんで。
自分で決めたから。
かあちゃんが止めてくれへんかったからでもないし。
誰のせいとかじゃなく自分できめたから大丈夫やで
手術して思いっきりサッカーするから」って。

めちゃくちゃ泣いてしまいました。

かっちょええーって我が子ながら思いました。

小5の息子がこの言葉の意味を
どこまで理解してるのかは
わかりません。

でも、私も昔、父親に同じこと言ったの思い出しました。

私が海外旅行ばかり行くのをあきれて
父親が、お前そんなしょっちゅう飛行機乗ってたら、
そのうち落ちるぞって。
そんで、私はこう返事しました。

「お父さん、もし飛行機が落ちたとしても
後悔はないからな。
可哀想になんて思わんでええで
大好きな海でダイビングするために
飛行機乗って旅してるんやから。
後悔はないで」って。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ ワロタわ。

息子に、泣きながら。

母ちゃんも昔、じいじに同じようなこと言うたわ~って
話しました。

ガンバレ息子。

息子2月に手術前の検査入院でカテーテル検査します。

みなさん、見守ってやってくださいね。

PS. あ、サイン欲しい方 早めに言うといてくださいね。
そのうち、息子有名人になってるかもしれないですよ(⌒▽⌒)アハハ!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - tweet-つぶやき, お知らせ