レーザー溶接のポイントは、ぐにゃぐにゃ不活性ガスホース!

こんにちは、東大阪市の今朝の日の出時刻は6時11分です。

5時に起きてますが、辺りは真っ暗。

さらに、気温12℃。

 

キーンとした朝の空気感が漂っています。

 

それが、心地よいのは私だけでしょうか。

今日も1日良いスタートが切れたなと感じていますが、ただの自己満足なのかもしれません。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

ぐにゃぐにゃ不活性ガスホース

さて、今日のレーザー溶接は機嫌が悪いのか?!

溶接に欠かせない、不活性ガスであるアルゴンガスを通すフレキシブルホースがぐにゅぐにゃ。

これが良いのです。

 

この角度、この距離、そして・・・このビジュアル。

ビジュアルは、好みの形状ですね。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

旋回レンズの角度調整後のレーザー溶接機

添付写真は、プラスチック製品用金型のメンテナンスを行っている様子です。

一番頻繁に行うレーザー肉盛内容です。

今回のように、金型を傾けるのが困難な場合は、顕微鏡の付いているレーザー溶接ヘッド部分の調整を行って対応します。

 

旋回レンズで、左の方へ回し適宜調整。

その後に、少し下向きから斜めの角度を調整。

そして、溶接ヘッド部調整の最後にフレキシブルホースをぐにゃぐにゃと調整。

 

溶接する部分に適した照射角度で、レーザー肉盛を終えました。

2006年に導入したAL200でも溶接能力は充分で加工は可能です。

ALM300では、納期が40%短縮!するのではないかと思います。

 

何れにせよ、フレキシブルホースの調整は非常に重要となります。

 

本日10月23日は、休業日となっております。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

社員一同、英気を養い営業に備えます。

 

なおブログ内容は、以前に行っていた溶接例の話題です。

今日の若き溶接職人

耳の中の違和感・・・

耳の掃除は、ほとんどしない方だと思います。

綺麗な話ではないですが1ヶ月に1度するかしないか、といった程度です。

 

それが最近、左の耳が変な感じがしてゴリゴリ耳を回したりしているのです。

あまり、穴の中を触れると良くないと聞いいているので触らないために。

季節の変化で乾燥してそうなったのかもしれません。

 

お陰様で、今は違和感は無くなりました。

43歳になると思ってもないことが起こるのだと、耳に教えてもらいました。

 

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です