若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

家庭用プラスチック製品の金型をレーザー溶接

      2020/03/18

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

家庭用プラスチック製品の金型をレーザー溶接

こんにちは、六ヶ所です。

今日も、顕微鏡を覗いてレーザー溶接しています。

10倍拡大で見える映像が添付写真です。

 

家庭用プラスチック製品の金型をレーザー溶接しているところになります。

溶接対象となる金型全体としては、縦横高さ600mm×400mm×200mmがおよその寸法。

製品部分の一部をレーザー肉盛溶接します。

 

その肉盛高さは、約0.15mm以上。

面積がべったりと広いところで・・・縦横は約30mm×約70mmは必要でした。

他に、違った面積で数ヶ所ありました。

 

レーザー溶接気ALM300のX軸方向のデータは、約0.3mm/secとなっています。

ということは、1秒あたりに0.3mm移動することになりますので・・・

長手方向の約70mmを1回走るのには、約233秒なので4分弱。

 

それを何回繰り返すか??

全行程で、6時間は要しました。

単純な計算とはなりますが、約90回繰り返すことになります。

 

顕微鏡視野の中、これだけ行っては返ることを繰り返すのですね。

自分でも、驚きです!

しっかり集中!と自分を奮い立たせて取り組みます。

今日のレーザー溶接職人

無理矢理10,000歩。

工場で仕事をする時間が長いと、10,000歩までの道のりが遠いのです。

目的達成できれば、それでいいのか!?

確かに、疑問は残りつつも”考えるよりも動く!”

自宅の2階で、部屋の中をウロウロと歩いていると、末娘がやって来て・・・

「何やってんの?誰かと思った・・・うるさい!」

「ご、ごめん・・・歩いてるだけなんだけど。」と、言い返すのみの私。

さ、雨の日でも快適に歩けるように、日頃から歩く場所を見つけるカイゼンが必要ですね。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - レーザー溶接