若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

消火器・消防関係の悪質な訪問・詐欺について 対処法について

      2019/09/28

こんにちは 六ヶ所の嫁です。

今日は、とにかくたくさんの方に知っていただきたい内容です。
なんてタイトルにしたら、少しでもたくさんの人に読んでもらえるんやろう?って
このブログを書き始めて、1番考えたと思います。
少し長文になりますが、是非読んでほしいです。

一昨日、「明日、消火器の点検に伺います」と電話がありました。
電話を受けたのは社長で、その他にも色々話したそうですが、
この時点ですでに 数年に1度、立入検査に来られる消防署の方と
思い込んでしまいました。

そして、「明日、消防の人来るらしい」その報告を受けた私も
完全に消防署の方と思い込みます。

そして、昨日、実際に来られたのは消防署の方ではなく、
Y防災システムという業者の方でした。
私はその時間工場にいなくて、聞いた話ですが。
来られた担当の方は、消火器の内部点検というのをされたそうです。
しっかり内容の説明もしてくれたということです。

そして、最後に38,394円という請求書を記入して
その場で現金で支払いを求めてきたと言います。

消火器 消防点検 悪徳

消防用設備点検整備等 請求書

 

内容は、消火器法定点検5,850円×3本
消防署提出書類作成費8,000円 届出報告業務代行費10,000円
ということでした。

とりあえず、経理を担当している私が不在だったこともあり、
その場での支払いは無理と言うと、明日までには必ずということで
振込先を残して帰られたそうです。

振込後に書類を作成し、消防署に提出してくれるそうです。

・・・

 

私、確か、真ん中の長男が産まれてすぐ、会社の仕事に携わってきました。
長男11歳ですが、今までこんな支払いしたことあるかなー?と
疑問に思いました。
一体、どういうことなんやろ?
そもそも、何でその業者は来たんやろ?
その場で支払うとか、翌日には振り込んでくださいとか。
そんなんある?
色んな疑問と何とも言えない嫌な予感が頭をよぎりました。

どうしたもんか?
それからは、どういうことが起きているのか?
東大阪の消防署に電話をしたり、
このY防災システムに電話をして、そもそも何故うちに来たのか?
話を聞いて調べました。

そして、少しずつ見えてきたことは。
大阪市HPより
「消火器の不適切な訪問販売・点検にご注意を」
https://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000001997.html

東大阪市HPより
「消火器の点検トラブルが多発」
https://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000020748.html

総務省消防庁HPより
「消防関係製品の悪質な訪問販売・詐欺等について 令和元年/平成31年」
https://www.fdma.go.jp/pressrelease/accident/accident002.html

消火器がある住宅や会社に出向き、考える暇を与えず点検をして
料金を請求するという事案が多発しているということでした。

中には相当な高額請求をするということもあったようです。

 

実際、うちに点検に来たY防災システムという業者が悪徳業者なのかは
定かではありません。

料金も他の会社(大阪消防設備協同組合組合員)に料金の問合せをしてみましたが、
ビックリするほど法外な料金を請求されていたわけではありません。

ただ、本当にうちの会社がこの時期にこの点検が必要だったのか…
消火器はこの1年以内に購入したものだったのにもかかわらず。

なんとなくわかってきたものの、まだ腑に落ちないとこもあったけど、
面倒なこと長引くのもイヤやし、支払いはするけど、徹底的に調べようと思いました。

請求書に記載されてあった「消防署届出番号 消北第○○○○号」を
大阪市北消防署に確認してみました。
実際に登録のある会社でした。会社名を言うなり、「確かに登録はあります」
と。少しホッとしたけど、返答早いなー。
なんだか気になってつっこんで話を聞いてみると、
Y防災システム すでに苦情の届けが数件あるらしい。
弁護士やら警察やら動いてるらしい。

なんじゃそら!!!!!

 

私、昨日から、東大阪消防署に電話してるし。
そら、消防署の方がこの会社について何かいうことが出来ないのかしらんけど。
それでもーーーー
何とか、助けてくれへんのかーーーい(;´д`)トホホ

消防署の方に多少…いや結構グチってしまったけど。
結局のところ何の解決にも至らず。

私が1番腹立たしいのは、この会社が少なくともブラックリストに載っているであろうに。
なかなか情報が入らないこと。
明らかに弁護士や警察が動いてるというのに、
まだその会社が業務を行い、何かわからない不安を何故うちが抱えないといけないのか。

先にも書きましたが。
私は、社長とも相談して、この業者をもはや信用はしていないけど。
説明を聞きながら作業してもらったことは確かで、料金を支払うと言った以上お支払いはしようと。
悪徳業者というのかどうかも定かではない。
納得してお支払いするので、そこは良しとして。

もしも、本当に悪徳業者なら、やっぱり早く業務停止をしてほしい。

もっともっと、こういう詐欺が増えてるということを
前面に出してほしい。

真面目に生きている人間が損する世の中はどうなんだ??

最後に、消費者センターに連絡をしました。
Y防災システムと言う会社が、こちらの依頼でもなく連絡訪問をしてきたことを
1件でも多く伝えることで、この会社に対する対応が少しでも早くなるのかと思ったからです。

色々話す中で、本当にビックリしたのは、
「Y防災システムと言う会社を覚えておいて今度からは気を付けます」と言った私に、
「もしも、このÝ防災システムという会社が業務停止になったとしても、
そこの人間がまた分かれて別の会社を名乗って同じようなことを繰り返してるというのが現状なんです」と、
いうことでした。

そうなんです。
結局、イタチごっこなんですね。
だから、とにかくこういう業者からの連絡や訪問には、はっきりと必要ないと伝えることが大事なんです。

必要な時に、自分たちから信用できる業者に連絡をとることが重要です。
じゃ、信用できる会社ってどこなん?ってなりますよね。
私にも正直わかりません。
でも、消防署でもらった大阪消防設備協同組合ってのを信用するしかないです。

もしかしたら、中には真面目にやっている飛込み業者もあるかもしれないですよね。
でも、信用したらだまされるかもしれない…
なんて、悲しい世の中なんでしょう。

でも、これが現実です。
消火器の点検、設備点検等 詳しくないのなら、飛込み訪問は必ず断るようにしましょう。

どうかどうか、必要のないお支払いを請求をされることがないよう。
みなさんも、お気を付けください。

長々と読んでいただきありがとうございました。

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - tweet-つぶやき, 詐欺 悪徳, お知らせ