若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

レーザー溶接で肉盛~切削ミスの補修依頼~

   

切削ミスを補修するために、レーザー溶接機ALM300で肉盛溶接しています。

レーザー溶接,東大阪,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

レーザー溶接機ALM300で肉盛補修

添付写真は、レーザー溶接機ALM300に備え付けてある、10倍拡大の顕微鏡の様子です。

範囲は、巾約3mm×縦方向の長さ約6mmで、盛る高さはMax約0.2mm程です。

 

プラスチック金型の部品で、材質はPX系です。

溶接ワイヤーΦ0.3mmを用意して、電圧V、周波数HZ、ミリ秒msなどの溶接条件の設定を行い、金型をクレーンで移動。

その後セッティング、作業できる体勢を整えれば・・・

 

いざ、レーザー照射!

パパパッと、横一列レーザーを照射。次は、少しずらしてまた横一列レーザー照射。そして、また少しずらして横一列レーザー照射・・・を繰り返します。

作業者を周辺から見ると、何やってるか分からない?!地味に?!見えるかもしれません。

 

実際に顕微鏡を覗いてレーザー照射が上手くいっていることを確認しつつ積み重ねて、最高の成果を提供できている感覚があります。

ALM300のパワーと操作性+溶接技術の賜物!

もっと良い仕上がり、究極には溶接後の仕上げいらず??を目指して、まだまだ精進し続けます。

今日のレーザー溶接職人

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

羽毛恐竜のジグゾーパズル330ピース作りかけ・・・

福井県の恐竜博物館でゲットして作ってますー

ほぼ子供ですが・・・

よっしゃ!親父の手早さを見せて・・・と意気込み、手伝ってはいますが、小さくて根気がなくなってきます。

ただ、羽毛恐竜は色とりどりで綺麗でおススメですよ!330ピースをもう少し難易度低いものにしたらよかったかな?!

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

羽毛恐竜のジグゾーパズル330ピース

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - レーザー溶接