若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

レーザー肉盛溶接(ゲート部分を補修)

      2020/03/10

こんにちは、久々の六ヶ所です。

ここ最近は、”六ヶ所の嫁”が連続して投稿していました。

読んでいただいた方々には、コメントまでいただいて感謝しております。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

レーザー肉盛溶接(プラスチック金型の補修)

少し間が開きましたが、僕もブログ続けます。

さて、レーザー肉盛溶接の話題です。

その中でもよくある例で、ゲート部分を補修している写真を添付しています。

 

金型のキャビピン2個あり、左側がレーザー肉盛溶接後。

右側がレーザー肉盛溶接前・・・

赤い色矢印の先が、レーザー肉盛溶接しているところです。

 

ゲートと呼ばれる穴の角を、グルリとレーザー溶接する依頼内容です。

そのポイントは・・・

ゲート穴をΦ0.1mm小さくすること!

穴は埋めないこと!

穴の面から奥方向へ0.5mmは肉盛の巾が必要!

 

トンネルゲート(サブマリンゲート)となので、鋭角部分に注意することが必要です。

まずは、通常よりも弱い溶接条件でレーザー照射・・・

腐食の具合は、思ったよりも溶接に影響はなさそうだと分かります。

あとは、奥の方から・・・0.5mmの巾は確保しないといけないのでそこを狙います。

 

今回は、0.1mm溶接ワイヤーを使用しました。

ワイヤーが母材(金型キャビピン)へ溶け込むので、数回はグルリ回して肉盛溶接し続けます。

角度調整には何度か手直しが必要でしたが、何とか納品することができました。

 

こういった仕事内容は、体をじっと動かさないために息をすることにも敏感になります。

また、手先に集中が必要だとあらためて感じます。

今日のレーザー溶接職人

本当にマスクが売っていないですね。

数十枚は、常に在庫を持っていましたが半分を切ってきました。

布製の手作りマスクも視野に入れないといけませんかね?!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - レーザー溶接