ペルジョンのロディコ

こんにちは、Rockです。

今回は、お客様に紹介していただいた”ロディコ”のお話しです。

音の響きがいいですよね、ロディコ。

ペルジョンのロディコ

皆様ご存じでしょうか。

私は、教えていただくまで知りませんでした。

時計の補修依頼でレーザー溶接を行う時に、1mm四方ほどの小さな部品もしっかりとロディコが掴んでくれます。

 

ペタッと着ける感じで使用していただいて、その補修完成の形状を目指してご注文に対応しています。

ペタッと着くのですが、外れた後に粘着成分がほとんどないくらいに違和感なく溶接加工に移れます。

米粒ほどに小さいくして使用でき、脱着も可能で表面をきれいな状態に保つ優れものです。

 

これは、レーザー溶接などの細かい仕事に使用できると思い購入。

早速、使用しています。

知らないことを知ること出来て、本当に有り難いです。

 

その瞬間が、とても面白い。

脳をフル回転させて、様々な活用ができると思うと楽しくなってきます。

今日のオジサン溶接職人

Let’s English!

英語の学びを、ここ最近はChatGPTで少しずつ行っています。

10分でも15分でも毎日行うことを勧められています。

 

実際は、終身前に眠くて目が閉じそうな時もありますが少しでも続けているのは確かです。

”遠回りが一番の近道”

イチローさんの言葉でありました。

 

有限実行されている方から同じ言葉を聞かせていただく機会があり、改めてその言葉の力を感じています。

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お知らせ

前の記事

時期外れのゴーヤ