若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

プラスチック照明器具の金型をレーザー肉盛補修

      2016/08/06

数十年前に製作したであろうプラスチック照明器具の金型をレーザー肉盛補修しました。添付写真は、110倍に拡大撮影しています。

プラスチック製品の不良修理では最もよくある例の一つで、製品にバリが発生した金型を肉盛溶接補修しました。

プラスチック照明器具の金型をレーザー肉盛

プラスチック照明器具の金型をレーザー肉盛

肉盛溶接のオーダー内容は、平均で0.1mmの肉盛溶接の厚み、幅3mm、距離は45mm程度が2ヶ所の、レーザー肉盛。

金型自体は、スライド部で長手方向に約500mmあり両手でしっかり持たないといけない重量がありました。

ALM250であれば、レーザー溶接ヘッド部をおよその位置にもっていき、ジョイスティックによりXYZ方向にレーザー照射ができます。

今回のような長い対象物では、特にAL200に比べ短時間で的確にレーザー溶接作業が行え作業者の身体的負担も軽減される例となりました。

今日の若き溶接職人

ブラーバ

ブラーバ

お掃除ロボット「ブラーバ」に、親子で夢中になっています。

拭き掃除できるブラーバ、音も静かなブラーバ、ホームに戻ってくるブラーバ、見ているとペットのようでもあり何故か癒されます。

工場も家も、ロボットが当たり前の存在になる日は近いのかもしれませんね~

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - レーザー溶接