レーザー肉盛×アルゴン肉盛~プラスチック金型補修~

こんにちは。

今日も、汗をかいてレーザー溶接に集中。

プラスチック金型を補修するために、レーザー肉盛とアルゴン肉盛(TIG溶接)を行っています。

 

今回は、さらに焼きなましも行いました。

ベテラン職人による、久々のガスバーナーによる焼きなましの出番となりました。

金型補修するために肉盛溶接補修を行っているのですが、肉盛後にシボ加工が入るので、その対策として焼きなましを行っています。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

レーザー肉盛、アルゴン肉盛、焼きなまし

全体の大きさは縦横高さ、およそ180mm×60mm×45mmです。

レーザー肉盛の作業、アルゴン肉盛の作業、そして焼きなましの作業と工程があります。

 

1.レーザー溶接に関しては、シボ加工に注意した”溶接ワイヤーの選定”と”溶接条件(パラメータ)の決定”

2.アルゴン肉盛に関しては、特に傷ついた部分の補修でしたので、その補修に注意して肉盛する。

3.焼きなましは、部分的ではなく”全体的に形状を把握しつつ行う!”

 

1~3加工を行います。

焼きなましは、肉盛内容と対象となるモノの材質と大きさと形状、すべてが重要なポイントとなります。

加工は無事に終了し、納品しております。

 

このような案件で、お困りごとがございましたら何なりとお申し付けください。

よろしくお願い致します。

今日の若き溶接職人

I want to talk to people all over the world! I want to be able to speak English!

英語の勉強、続けています。

 

ここ数回は、customlessonへと移行しています。

何かというと、その人その人に合ったlessonのこと。

私は、中学生程度の勉強。

 

listeningと文法とを交互に学んでいます。

少しは進歩してると信じて。

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。