レーザー溶接で接合 300個

こんにちは。

今日もコツコツとレーザー溶接を続けています。

レーザー溶接職人の吉村は、本当に根気強く取り組んでもらって助かっています。

レーザー溶接 300個

レーザー溶接 300個

お客様の希望納期に確実に応えるように!

今、ご注文をいただいているのはステンレス部品の接合で、1ロット300個となります。

このような案件は、1日2日で完成するようなことはありません。

 

一つ一つ、溶接加工を行って積み上げて進めるのみとなります。

六ヶ所の嫁も助っ人として、溶接加工してくれます。

しかしながら今回は、あまりその力を発揮する機会に恵まれていないようです。

 

もっと、注文を取ってこないといけないです。

私の出番です。

気合を入れて、頑張ります。

今日のオジサン溶接職人

先日、初めて静岡で”静岡おでん”をいただきました。

はんぺんは白くはない、”黒はんぺん”です。

さらに、”魚のだし粉”という、粉が振り掛けられております。

https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/36_16_shizuoka.html

(農林水産省Webページより引用)

大阪の”おでん”とは、「似ても似つかない」そんな表現が適切な”おでん”でした。

静岡の方からは、”ソールフード”で”大好物のおでん”なのがバンバン伝わってくるのお話を聞かせていただきました。

前置きはこの辺りまでにして、満を持していただきました。

 

「美味しい。」

おさかなの風味が、お飛び込んできて深い味わいです。

同じ日本でもところ変われば、様々な文化が根付いているのだと改めて感じました。

 

お仕事で訪問した静岡県、またプライベートでも伺いたいものです。

静岡おでん

静岡おでん 黒はんぺん 魚のだし粉

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

tweet-つぶやき

前の記事

「今日は雨」