大阪工業大学へ面談にGO!

皆川先生の学術指導を受けはじめたのは、5年前となります。

早いもので今回で今年も終わりとなりますが、また次回は2023年2月に予定をしております。

直近6ヶ月の売り上げを基に、今年の総括を面談のテーマに議論させていただきました。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

大阪工業大学 正門

大阪工業大学の正門は、いつ見ても壮観たるものです。

威風堂々とした佇まいで、気持ちが落ち着きます。

この日はバックの青空も映えて、さらに気持ちよさそうな正門が撮影できました。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

大阪工業大学側の淀川河川敷

それにも負けず、心地よいお気に入りの場所が校舎側にある淀川河川敷です。

ブログにも何度か投稿させていただいてます。

建設中の校舎があり、現場で働く方々などで賑わっていました。

 

面談の内容は、業績は良い流れが続いているということでした。

今後は、より生産性UPを目指して現場改善を試みることが上がりました。

皆川先生とお話しする中で、”メリーゴーランド式溶接方法”と私が命名した改善案も湧いて出てきました。

 

喫緊の課題対策は、ある程度成果を出し続けています。

中長期の目標管理こそが、大きな課題だと痛感しております。

 

”イメージ絵を描く”など六ヶ所流のやり方でクリアしていきましょう!

と、ヒントをいただいたので素直に実行して次へ進みます。

今日の若き溶接職人

先日、Englishの習い事をしていて話題になった言葉があります。

「BRIEXIT」

ご存知でしょうか?!

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/イギリスの欧州連合離脱

(Wikipediaより引用)

 

イギリスのEU離脱について、作られた”British”と”exit”の混成語です。

Englishは、面白いですね!

言葉は、面白いですね!

 

初めは、何を言うているの?!と思いましたが、気付くと何てことはなく理解できます。

ちなみに、高一の娘にクイズで出してみると・・・

その場で頭を捻りつつ、ちゃんと答えていました。

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です