レーザー溶接デモ機!自動車に搭載状態で初体験

こんにちは。

プランターに植えた父から譲り受けた向日葵の種、数日経って芽が出てきました。

生命力を感じて、気持ちが晴れやかになります。

昆虫や他の草花も活発に育つ季節が来ています。

こちらも成長する励みになりますね。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

レーザー溶接のデモ機を体験

今回は、初体験のお話し。

自動車に搭載した状態でレーザー溶接できました。

レーザー溶接機のデモ機で、初めて扱う機械メーカー様でしたが難なく取り扱うことができ貴重な体験となりました。

 

この機械で今すぐに、生産性アップに繋がるのか?

となると、そうとも言えない現状が多々あります。

 

機械性能は、明らかに今使用しているAlphaLaser社製の3台の方が良いと感じました。

AL200は、15年目。

ALM250は、6年目。

ALM300は、3年目。

3台とも安定した溶接作業を続けています。

 

特に、実際に使用して感じたのは操作性の違いを感じました。

それによって、作業効率が落ちるのではないか。担当者に聞いてみると、認めていると話していただきました。

ただ、アフターサービスやこれから成長していこうとしている意気込みを感じたのは、良かったです。

 

そもそも、レーザー溶接の職人は一人一台しか操作できないです。

やはり、今の現状の設備で改善できることが改めて気付きました。

今日の若き溶接職人

Let’s English!

5月はオンラインでアプリを活用して学んでいました。

まず、海外の方々と繋がれる喜びがありますね。会話?!ジェスチャー?!どちらかは置いといて・・・楽しい時もあり、意味が分からず難儀した時もあり良い経験になっています。

 

総lesson時間は55時間46分、143回で一旦休憩。ここ最近では、2月~5月の4か月間で86lesson数。

ただ・・・なかなか上達は難しく。

 

今はprivate lessonへと進んでいます。

週一回、ではありますが・・・復習!復習!復習!復習の日々が続いています。

頭が付いていてる気がしないので、毎朝少しづつでも続いています。

 

もともと、子供たちが幼稚園の頃からお世話になっている先生で、とても具体的にスムーズに進めてくれています。

あとは、自分次第。

40歳代でも脳をフル回転させて学びます!

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です