”一溶集中”「板厚さ0.2mmと0.5mmのステンレス部品を接合」

10倍拡大した顕微鏡をのぞき込み、”一点に集中して溶かす”を繰り返しています。

”一溶集中”

ヒ・ト・ツ・ト・カ・シ・シュウ・チュウ。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

レーザー溶接でステンレス部品を接合!

本当に、一つ溶かすことに集中が必要となるのがレーザー溶接です。

常により良い方法を考慮して、今日も接合しています。

 

少しの気の緩みが、少しのズレを生みます。

少しであれば修正が効く時もあります。

それが重なると、なかなか修正が難しい状況に陥ります。

 

ただ、そのような時こそメンタルコントロールが必要です。

まずは、しっかりと呼吸を整えること。

そして、改善策へ全力集中。

 

そして、修正することで、これまでよりもさらに強化していきます。

その次は、修正をしなくても良い方法を、円滑に、スムーズにいく方法を模索していくのみです。

 

現行のままで、少しの改善点で良い場合もあるものです。

一つの手間を加えるか、もしくは省くこと、一つの工程を変えることででで上手くいくことがあります。

 

50回繰り返し模索しても、上手くいかないこともありました。

特に、治具を使用している場合は、治具製作から今一度やり直しすることもあります。

 

その時々の判断と実行の繰り返しとなります。

その判断基準は、実際に接合してみること。

頭を働かせて、手を動かして、動くこと。

 

職人や治具製作依頼者へ相談することも重要です。

そうしている間に、記録を取り、結果を参考にしています。

全力で取り組みますので、よろしくお願いします。

今日の若き溶接職人

「患部を冷やしてる?!」

いつもお世話になっている、整骨院の先生に言われて素直に聞いて冷やしています。

ただ、冬場は寒い。

 

工場も底冷えしていますので、どうしても冷やす頻度が夏場と比べると少なくなてしまいます。

それでも、身体の調子を整えるために氷のうで冷やしています。

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です