1.4mm板厚さSUS部品をハンダ付け→レーザー溶接

1.4mm板厚さSUS部品をハンダ付けで加工していた品物をレーザー溶接に変更して注文をいただいています。

ハンダ付けによる熱影響で、変形や反りの不具合が発生すること。

ハンダ付けができる職人が減少していること。

 

などの理由があり、接合する加工方法をレーザー溶接に変更していただいています。

それに伴って、治具は必要になることもあります。

そのような課題をクリアして、注文案件が少しづつ増えています。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

1.4mm板厚さSUS部品のレーザー溶接

私たちのアイデアで、レーザー溶接を活用したもっと良い製品が安定して提供できると感じています。

特に、材料や接合方法を様々にトライすることで、少しづつ道が開けてくると思います。

 

力の限り協力致します。

今後ともよろしくお願いします。

今日の若き溶接職人

英語の学びは面白いです。

毎日少しでも続けるようにしています。

まずは耳が慣れることを意識しています。

 

会話をすることが目標なので、特に重要な初めの一歩です。

そのスピードが大切で、聞き取れなかったら少しゆっくりにして聞いてみることにしています。

あとは、少々わからなくても繰り返し聞き取ること。

 

YouTubeは確かに良いツールだと思います。

使い方によっては、ピンポイントで自分に必要なこと選んで学べます。

やはり、どこかで緊張感を持って学ぶことが中年のオジサンでも学びには大切だと思います。

 

こちから発信することが何よりの目標です。

毎回、英語の先生との対話は面白く緊張感もあります。

もっと、準備してバンバン学びに攻めていきたいです。

 

 

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です