1,000個単位はじめての注文?!~レーザー溶接~

こんにちは。

あさ5時起きる習慣は、5ヶ月ほど続いています。

右目の下が少しぴくぴくすることはありますが・・・シーンとした早朝にwalking!やEnglish!御陰様で楽しい時間を過ごしています。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

ALM250使用 レーザー溶接作業風景

さて、レーザー溶接で1,000個単位の注文を受けています。

レーザー溶接機ALM250、AL200の2台で稼働中です。

3台あるうちの2台もしくは、1台で継続して稼働できるので他の仕事内容が必要な時でも生産性アップに繋がると感じます。

 

セッティングを仕事内容ごとに変えていては、その段取りで滞ってしまいます。

溶接する前の段階が非常に重要となります。

また、レーザ溶接職人‘吉村紀彦‘が対応しているので仕事の流れがスムーズに進んで助かります。

 

何と言っても・・・1,000個単位。

当社は、自動の仕事ではありません。

一つ一つ手仕事で、顕微鏡を覗きレーザー溶接しています。

 

金型の補修、メンテナンスに伴う溶接がメインの仕事なのですが、単品、試作や数モノも勿論承ります。

一つの案件の数としましては100個までが一番多く、以前には・・・1,000個はさすがに無かったような・・・

ブログを書き進める間に思い出しました。

 

記録を見ると・・・

250ヶ所が2個、420ヶ所が1個合計で920ヶ所という案件が5年前にありました。

このような案件が数回繰り返しありました。

 

この時も、2人の作業者で手分けして進めたことを覚えています。

いずれにせよ、段取りが大切ですね。

溶接技術が基板にあっての話ですが、本当にお客様や従業員に感謝です。

今日の若き溶接職人

マスクをしていると、口呼吸になることがあり・・・そうすると舌に”舌苔”という苔が付着して口臭の原因になすそうです。

その対策には”飴ちゃん”。

毎日3~5個の雨を1週間舐めると改善した実験が紹介されていました。

ノンシュガーであれば糖分も控えることができて良いそうです。

自分では気付くことが少ないので、勇気をもって近くの方に聞いてみようかな?!

まずは、家族から・・・と考えている今日この頃です。

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です