「空気中の溶接ヒューム濃度の測定」事業実施結果報告書~溶接ヒューム⑪~

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

空気中の溶接ヒューム濃度の測定結果 報告書

溶接ヒュームに関するブログの投稿は、11回目となります。

今回は、空気中の溶接ヒューム濃度の測定結果報告書をいただきましたので、その報告書を提出しています。

この取り組みをはじめて、およそ7ヶ月が経過しようやくここまで来ているといった印象です。

 

先日、その溶接ヒュームに関する健康検診を受けに行ってきたところです。

”6か月以内ごとに1回、定期に”

それを踏まえて、今回は2回目となります。さらに、今後は他の社員の予定を組んでいるところであります。

 

さて、報告書にもどります。

少し専門的な話になるかとは思いますが、少しでも多くの方に参考にしていただけると幸いです。

 

測定した物質の名称:溶接ヒューム(レスピラブル粒子)

呼吸用保護具の要求防護係数の計算に係る基準値 マンガンとして0.05mg/㎥

 

測定した溶接ヒュームの最大値:0.014mg/㎥

要求防護係数PFr(最大値/0.05):1未満(0.28)

 

以上が、当社の2021年10月14日における結果となりました。

正直、ホッと一安心しました。

測定結果についてお話を伺っている時に、吐く息がフ―っと聞こえてきそうな感覚でした。

 

その結果で、溶接ヒューム対策マスクが変わってくるからです。

マスクメーカー様は様々ですので、相談に乗っていただきました。

 

興研株式会社様の「ハイラックス350」使い捨てマスクのタイプです。

さらに今度は、フィットテストへ進みます。

 

https://jsite.mhlw.go.jp/osaka-roudoukyoku/hourei_seido_tetsuzuki/anzen_eisei/hourei_seido/roudo_eisei/20201026.html

(厚生労働省 大阪労働局のウェブサイト参考)

 

報告書の結果は、「審査結果は12月中に書面で通知します。」と連絡をいただきました。

今日の若き溶接職人

睡眠時間6時間だと、体が軽いのか?!

7時間だともっと軽いのか?!

 

最近は、データを見ることがスマホなどで容易になっていますが、その”質”がとても重要だとも思います。

 

寝る前に、心身ともに整えることがPOINTと感じる今日この頃です。

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です