必要な部分のみレーザー肉盛〜マスキングの効果〜

プラスチック金型の摺動する部分が”齧り(カジリ)”肉盛補修するご依頼があります。

部材の表面がザラザラしたようになり製品が不良となる不具合を、ツルッとした面に仕上げることで製品を”良”とすることを目的としています。

その時に必要な範囲のみを、必要な量のみレーザー肉盛溶接します。

 

その高さは、”0.1mm”。

 

2ヶ所1個の金型部品をレーザー溶接機にセッティング。

特に今回の案件は、2ヶ所のうちの1ヶ所の手前に山のような凸形状があり、溶接が必要な部分は狭く奥まったところにありました。

肉眼で確認するのが困難な場所で、顔を近づけすぎると金型部品と衝突してしまうような場所でした。

 

そのような時に重要になるのが、レーザー照射角度です。

しっかりと、素早くかつ丁寧に角度調整します。

もう一つ重要なのが、溶接の必要のない部分に熱が加わることを防ぐことです。

 

今回は、山のような凸形状がそのような”危険な部分”となると察知しました。

その危険な部分にマスキングしています。

 

何事も準備は大切です。

そこに集中することは、今年の目標でもあります。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

マスキング後にレーザー肉盛中

結果は、良好にレーザー肉盛が完了し納品させていただきました。

ただ、もしかしたらマスキングは必要なかったかもしれないです。

それでも、必要だと思った瞬間に対処をすることはとても重要だと思います。

今日の若き溶接職人

今年も布施の十日戎に行ってまいりました。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

布施の「戎さん」

投稿が、遅くなりました。

その日は、成人の日だったこともあり商店街の中まで長蛇の列。

 

家族4人並んでいる”待ち時間を予想”して一番近かった物が晩御飯の決定権をゲットすることに。

列に並んでいる間に、思いついた時からスタート。

結果は、8分。

 

”六ヶ所の嫁”が一番近いという結果に。

 

少し項垂れ気味の中、気を取り直してお参りを終えました。

戎さんはマスク姿でしたが、参拝する人々が多く集まっている様子は活気があって、良い雰囲気でした。

Follow me!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です