お電話でのお問い合わせは 06-6722-1860
メールでのお問い合わせはこちらから
会社概要 | 株式会社吉村熔接所 レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛溶接



株式会社吉村熔接所 公式facebookページ 大阪商工会議所 東大阪地域密着ホームページ 東大阪バーチャルシティ

ごあいさつ

代表取締役:六ヶ所伸一

代表取締役:六ヶ所伸一

溶接一筋50年を超える熟練職人の技!&時代の最先端を走るレーザー溶接技術!とのコラボレーションが何よりの魅力です。

数十年にわたり築き上げてきた溶接技術を礎に時代とともに進化し続ける溶接機器を活用、サービスなども含め“新旧の融合”を測りつつ“溶接”に関するあらゆる仕事と日々向き合っております。


経営理念

“自他共栄”の精神

読んで字の如く、”自分も他人も共に栄える”。
柔道の創始者である嘉納治五郎が述べた言葉で精神修養としての道を説いた有名な言葉。

私自身、柔道初段であり幼少のころより柔道を通して心身ともに鍛錬し体得したものは、今も仕事に反映していると身をもって感ています。
そして経営にも通ずると信じています。

会社概要


社名 株式会社吉村熔接所

代表取締役 六ヶ所伸一

創業 昭和39年

所在地 〒577-0835 大阪府東大阪市柏田西1-2-26

TEL 06-6722-1860

FAX 06-7632-4220

E-mail info@yoshimurayousetsu.jp

営業時間 ■月〜金 8:30〜18:30、 ■土 8:30〜17:00
■祝・祭日 8:30〜12:00

業務内容 レーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接
レーザー溶接を主に金型の肉盛溶接その他溶接全般


会社沿革

現在、金型は用途別に金型及び使用材料があり、金型の補修・形状の変更、改造、加工ミスの修正や磨耗部分の補修、改造等を目的として、肉盛溶接ロー付け等を必要とされることがあります。

金型の溶接は、現在では使用する材料も多岐にわたり、溶接した場合の材質による割れ、感受性、機械加工性、溶接部のひけ等を考慮することが必要不可欠です。
(従来のTIG溶接の場合は溶接量にもよりますがひけがあります。)

そこで、より細かな溶接が必要とされています。
精密な溶接では“レーザー溶接”が主流に成りつつありドイツ製レーザー溶接機ALPHALASER(AL200)を導入しました。


昭和39年 創業

昭和55年 法人設立

昭和55年 半自動(CO2)溶接機、TIG溶接機の導入。金型の肉盛溶接の分野へ参入

昭和55年 金属の溶接加工。塗装用ハンガーの製造および販売

平成18年 レーザー溶接機導入

平成20年 精密TIG溶接機導入

平成24年 六ヶ所伸一 代表取締役に就任

平成26年 会社サイト開設

平成28年 レーザー溶接機 ALPHALASER ALM250 導入



レーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

レーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

レーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接