若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

ジョイスティックzero set~レーザー溶接機ALM~

      2021/01/16

こんにちは。

寒い日が続きますが、マスクをするには夏より良い季節ですよね。

今日も一日、張り切って行きましょう。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

ジョイスティック

さて、レーザー溶接機ALMの大切な一部品ジョイスティックの話です。

このジョイスティックが有るのと無いのとでは、レーザー溶接に雲泥の差があります。

そもそも、ジョイスティックが無いとALMはほぼ溶接する機能は果せません。

 

比較として、当社にあるレーザー溶接機AL200はそれがなくても稼働します。

台座、テーブルや本体部分を動かすことでしっかりとレーザー溶接できます。

 

そのジョイスティックは、X軸Y軸ℤ軸を操作してレーザー溶接機本体部分を動かすことができます。

その時に、一方向に一筋走っては、元のスタート位置に戻り調整してまた一筋走る。

このような作業を繰り返し、レーザー肉盛すことがよくあります。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

ジョイスティック(横側から)zero set

そこで、役に立つの「zero set」。

走り出すスタート位置を、記憶してくれる機能があります。

ボタンを押してset(設定)、移動させてボタンを押してapproach(近寄る)を繰り返します。

 

これが本当に、生産性を向上させるうえで重要なのです。

ただ、メンテナンスが必要なことも度々あります。

やはり、信頼できる担当者に相談できる体制を作ることも大切ですね。

今日の若き溶接職人

ここ最近、カードゲーム「UNO」で何度も何度も遊んでいます。

末娘が大好きで、「一緒にやろう!」を繰り返して家族で繰り返し遊んで正月を過ごし・・・今も続いています。

 

スペイン語で「ウノ、ドス、トリス、クアトロ、シンコ・・・1,2,3,4,5」と教えてもらったりもしています。

なるほど!その「UNO」ね!と感心させられることもあり楽しいものです。

 

ただ、長い。

 

本当に、子どもは好きな遊びを繰り返しますよね。

こちらも、根気強くなります。

はじめは簡単に勝てていましたが、子供も勝ち方を学んで今はもう手強くなっています。

成長スピード早いです!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - お知らせ