若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

「溶接アート」まだまだ・・・

      2021/01/12

こんにちは、本は面白いですね。

ただ、読んでいると眠くなるのです。

読み進むと面白くて、体が震えるほどの感銘することもあります。

読み進みしばらくすると、眠くなる・・・意志が弱い自分が情けない。

読書も習慣にるように、毎日少しでも読み進めるように心がけています。

溶接アート職人,シュールな絵,シュール,レーザー溶接職人,レーザー溶接,レーザー肉盛,東大阪#吉村熔接 所,溶接アート,微細溶接,試作溶 接,fine welding,welding,microscope#welding#microscope#bead#weld bead#welding#bead#beads#precise#precise beads#precise welding beads

「溶接アート」まだまだ・・・

さて、溶接でできることを活かして「溶接アート」作品を作っています。

溶接でできることというより、溶接しかできないとも言えますが・・・

自分のイメージを形にしていくのは上手く行くこともあれば上手くいかないこともあり本当に難しく、楽しいものです。

 

”百聞は一見に如かず”

プロジェクトチーム?!メンバーの皆様に見ていただきました。

途中経過ですが、その反応から次ぐのステップへ行くために。

 

ここまでひと月半ほど・・・

 

もともと声をかけていただき、スタートしました。

今回は、特に様々な意見をまとめることがポイントとなっています。

途中経過を見ていただくことで、メンバー皆様の意見はいかに?

はい!

人の数が増えれば増えるほど当然のことですが、意見も少しづつ増えますね・・・いや、バンバン増えていくのです。

 

まとめることの重要性が分かり、勉強になりました。

まとめることは、ある程度はできる!そして、それらを形に作る!と思っていたのですが・・・

そうスムーズに事は進みません。

 

広報活動も途中崩壊するのかも?!

と、思うこともありましたが進むことに間違いはないことは再認識することができました。

今日の若き溶接職人

冬の時期ですね、寒さが厳しくなり肌の乾燥が激しいです。

保湿と、その後のコーティング?!

これが大切と聞いていいるので、なるべくシンプルに特に手のケアに努めています。

 

 

まずはデザイン、材料、はどうしましょう?からはじまり。

広報活動ということで、実際は自分一人での作業となることは分かっています。

あと、納期ははっきりと決まっていました。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - 溶接アート