若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

これぞレーザー×精密アルゴン肉盛溶接!

   

こんにちは。マスクで顕微鏡のレンズが曇ることがなくなった今日この頃。

ポジティブ発言をし、レーザー溶接に励んでいます!

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

単品溶接,単品精密溶接,試作溶接,精密溶接,レーザー肉盛溶接,レーザー肉盛,東大阪,レーザー溶接,レーザー補修溶接,金型補修溶接,金型肉盛,東大阪

これぞ!レーザー×精密アルゴン肉盛溶接

今回は、『これぞレーザー×精密アルゴン肉盛溶接!』

と見出しに書きました通り、ガッツリと肉盛溶接をした案件についてです。

金型部品の補修のための肉盛溶接となります。

 

まずは、使用した溶接ワイヤーについて。

溶接ワイヤー直径は、Φ0.3mm、Φ0.4mm、Φ0.5mm、Φ0.6mmの4種類。

材質は、PXA30(プラスチック金型用鋼)。

 

次に、溶接方法について。

レーザー溶接、精密アルゴン溶接の2種類。

溶接ワイヤーは、レーザー溶接でも精密アルゴン溶接でも同じ溶接ワイヤーを使用できます。

 

直径0.1mmの違いで、溶け具合に大きな変化が発生します。

そうなんです、溶接の基本である”溶ける”この理解度が試されます!

ここでは、金属が溶ける温度「融点」に達しているかどうかの判断がポイントとなります。

 

思い返すこと15年前・・・「溶ける」という言葉。

ベテラン職人の義父からよく聞いたフレーズです。

「”溶ける”のが分からな、話にならんで。」とよくアドバイスをもらったおかげで、今に至ると感じます。

 

話しを戻しましょう。

まず、溶接ワイヤーだけでなく、金型部品の両方を溶かしてレーザー肉盛溶接。

その後に、精密アルゴン肉盛溶接をする。そして、またレーザー肉盛、さらにもう一度、精密アルゴン肉盛溶接で溶接完了となる手順を整えました。

 

”金型部品の温度管理”と、品質精度が高く要求される”プラスチック製品部分の際辺りを丁寧に肉盛すること”がポイントとなります!

およその寸法は、縦×横×高さ、15mm×60mm×2mmの肉盛量。

根気よくコツコツとほぼ1日かけて終えました。

今日のレーザー溶接職人

懲りずにフットサル、約2ヶ月間休みを経てついに再開しています。

勿論、受け付けはマスクを着けソーシャルディスタンスを守ること。

プレー中もマスクは無理せず装着となっています。

 

汗掻きます。ボール扱いは上手くいかないこともあります。

それでも、楽しいんです!

緑の芝の上で皆さんとボール蹴って身体動かすのは楽しいですね!

 

ふと気付くと・・・もっと上手くなりたい!

そう欲してしまいますねー

練習!体を動かすしかありません!自分に合ったやり方を模索中です・・

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - レーザー溶接, TIG溶接