若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

小学校に持って行く「ぞうきん」は縫うのか買うのかの件

      2020/06/13

こんにちは 六ヶ所の嫁です。

みなさんに質問です。

長いタイトルなのでお察しの通りです笑

長い長いコロナ休校があけ、やっと子供達 新学期を迎えました。

そう、新学期といえば、持ってくるものに「ぞうきん」がありますよね。

私はね。
「ぞうきん」は、ちょい使い古したタオルを縫って持って行ったらいいと思ってるんです。
私の時はそうやった…いや、覚えてないねんけど。
そうしてたと思うんです。
だから、「ぞうきん」って書いてあったら あーまたミシンださなあかんな~って。
でも、今や みんな買ってるらしいですね。

数年前に知った時はびっくりしました。
100均とかコーナンとかで安くで数枚入りがあるという…

えええーーーめっちゃいいやん。知らんかったー…と思ったんやけど。

んーーーーー
何故か納得がいかない…笑 ←タチの悪いおばちゃんやん

だって、「ぞうきん」やろ?
なんで、さらが必要なん?
「ぞうきん」って使い古したタオルぬうもんちゃうん?

思い込みって怖いです^^;

どっちが正しいかわからんけど、私は常にそれですが。

でも、ふと気になってネットでサクッと調べてみたら。
学校側から「購入したもの」とか「新しいもの」と指定があるところもあるらしい。

私の「ぞうきん」ダイジョウブなんやろうか??

でも、そんなこと考えながらも。
今年もしっかり「ぞうきん」作りましたよー…娘が。

その日、忙しかった私は、次女の創作意欲を利用して
「なーミシンつかってみたくない?」
「ぞうきん 縫ってみん?」

もちろん、創作活動が大好きな次女は飛びついてくれます笑

「つくる!!!」

そうでしょうよ。そう来るよね。

東大阪市 レーザー溶接

ミシンで「ぞうきん」

 

東大阪市 レーザー溶接

リロ&スティッチの「ぞうきん」

 

と、いうことで、母のミシンをひっぱり出してきて、
要点をしっかり伝えて次女が作ってくれました。

nice~手つきもいいよ~

まーいちいち教えるより自分がした方が早いって言うことも多々あるけど。
いうても「ぞうきん」やし。
ちょっとくらい、ゆがんでもかまへんし。
それより何より、その時間、他のことが出来て本間に助かった~

このコロナの期間、子供たちはたくさんのことが出来るようになったなー。

それは、特別なことでもなんでもなくて、日常的なこと。
献立をきめる 米をたく おかずを作る 洗濯機を回す 洗濯物を干す
オンラインでのトレーニングや 勉強
そのおかげで パソコンも使えるようになってる
そして、ミシン

単純やけど、あまりやってこなかったこと。

忙しい日常でやってこなかったこと。
やらせなかったこと。

特別ではないけど、日常にあふれてることを自分たちで出来るようになった子供たちは
きっと強くなれる。そして これから私の強い味方になってくれそうですv( ̄Д ̄)v イエイ

 

と、話がずれてしまったけど。

一体、クラスの…学校のどの程度がこの昔ながらの作った「ぞうきん」なんやろう?

学校的にはどっちがええんやろ?

今度先生に聞いてみよう笑

みなさんはどっち派ですか??

 

小学校に持って行く「ぞうきん」は縫う? 買う?
縫うなら 新品のタオルか 使い古したタオルかどっち?の件

ってタイトルにしたかった…

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - tweet-つぶやき, お知らせ