若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

レーザー肉盛後に”ゆうパック”

      2020/04/30

レーザー溶接,東大阪,精密溶接,YAGレーザー溶接,レーザー肉盛溶接,金型補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

レーザー溶接でSKD61を肉盛

こんにちは。

4月も後半に入ってますが、気温が20℃を超える日もあれば15℃以下の日もありますね。

インナーを着たり脱いだりしつつ体調管理している今日この頃です。

 

今日も、レーザー溶接機の顕微鏡を覗き込んでいます。

その材質は、SKD61でΦ約300mm、両手でグッと力を込めて持ち上がる程度の重量物。

補修のためにレーザー肉盛する依頼です。

 

肉盛範囲は、100mm×くらいの距離を約0.3mm高さで、その幅は約10mm。

まずは、Φ0.2mmの溶接ワイヤーを使い少し弱めの溶接条件で肉盛。

細かい肉盛が必要な部分をしっかりと。

その後に、Φ0.3mmとΦ0.4mmの溶接ワイヤーを使いより強い溶接条件で肉盛。

大まかな部分をコツコツとバンバンレーザー肉盛していきます。

 

今回の案件は、溶接後に”ゆうパック”を活用して配達を依頼しました。

ここでお知らせです!

4月15日㈬より「新型コロナウィルス感染拡大を受けた再配達および集荷予約の取り扱いの変更」

があります。詳しくは日本郵政のwebページを参考にどうぞ。

https://www.post.japanpost.jp/notification/productinformation/2020/0415_02.html

知ってる方もいますでしょうが・・・

”集荷の予約は前日までの予約制”に変更になっています。

これまでより1日余裕を持って納期をいただくことになります。

ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

今日のレーザー溶接職人

マスクが本当に売っていませんね。

有難いことに、いただくこともでき数十枚は在庫があります。

以前に紹介しました、マスクの内側に使うフィルターシートはあと170枚くらいはあります。

 

それでも、いつまで続くか先行き不透明なので手作りマスクも挑戦しましょうかね?!

 

近所では、50枚で3500円で売っているという情報もありますが・・・

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - レーザー溶接