若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

宮崎帰省と高千穂峡へ(後編)

      2019/08/21

こんにちは (前編)に引き続き(後編)です。

六ヶ所の嫁がお伝えいたします笑

8/12 早朝のフェリーで九州の地に着きました。
AM8時過ぎ。
今から向かえばまだまだすいてるに違いないと
思っていたけれど、さすが高千穂峡。
超混雑してた(;´д`)トホホ
駐車場は、満車の連続でシャトルバスに乗らなあかんほど遠くに停めて。
(徒歩25分で山道が気持ちよくて歩いたけど)

それから、高千穂峡といえば、『ボート』と思ったけど。
なんと、貸しボートは4時間45分待ち⤵⤵
あー。ボートに乗って、下から滝がおちてくる絶景を眺めたかった…

東大阪市 レーザー溶接

高千穂峡をバックに入チーズ

 

東大阪市 レーザー溶接

高千穂峡 散策 イモの葉傘 トトロの世界

 

まさか、そんなに待てないので、ボートは諦めてお昼ご飯を食べた。
それから、神々の里でマイナスイオンをたっぷり吸いながら、ソフトクリーム食べて。
たっぷり山の中を歩いて、市内の実家を目指しました。

高速道路も出来て、高千穂峡から2時間ほどで到着。
なんちゅうてもね。
同じ高速道路でも、田舎ってほんま景色もええし、山も海もきれいし。
走ってても全然あきへん。
#やっぱりええな~田舎。
#宮崎に住んでいた頃がなつかしい。
#また住みたい。

いやいや、インスタになってもうてる。

宮崎良すぎ♡
九州最高♡

東大阪市 レーザー溶接

じいちゃんが作る野菜は美味しい

 

じいちゃんが庭で作る野菜はなかなか行ける♡
今回はオクラに大注目。
さっとレンチンしたオクラを少しの塩と鰹節としょうゆで頂く幸せ。
これは、本間に最高でした♡

毎年恒例の「ミヤチク」
http://rest.miyachiku.jp/osaka/index.html

「ぽっくる農園」
http://www.pockle.co.jp/annai.html#osakana

宮崎の美味しい物たくさんご馳走になって、お墓参りもして。
義父母とともに、2日間たっぷり遊ばせてもらって。

もう1泊の予定やったけど、台風10号の接近のため、やむなく13日夕方、市内の実家を出発。
まだフェリーも運行していたので、四国まで渡り、銭湯によって高速道路へ。そして、車中泊。
四国でうどん食べたかったけど、風もきつくなっていたので、翌朝また車を走らせた。

我が家では、おなじみの淡路島に入ると、天気も良くなって、馴染みある淡路につくとちょっと安心したので、
せっかくやし、淡路で遊ぶことにした。
ずっと、行ってみたかった『ニジゲンノモリ』。

https://nijigennomori.com

だだっ広い県立淡路島公園内の施設らしく、正直、よくわからなかったけど。

とにかく、最近よくある大人でも真剣に楽しめるようなアスレチックらしかったので、
やってみたいと思ってた。
電話で聞いてみると、台風の影響で午後からはわからないけど、
午前中は営業しているとのこと。
早速、10時オープン後、すぐ行ってみた。

お盆の割に、すいている印象。
台風の影響なのか、それともそもそも人気がないのか??

よくわからないけど。
施設内のどこにどんなアトラクションがあって、どんな体験が出来るのかが、
正直ほぼわからなかった。
ただ、我が家はアスレチック目的だったので、他は無視してそっちへ向かった。

クレヨンしんちゃんのアトラクション?ブース?のフリーパスで
大人5600円 中高生3600円 子供1800。

まーまーええ値段しますよね…

当然、親は見学してはる方も多いですが、当然、六ヶ所夫婦はフル参加ですv( ̄Д ̄)v イエイ

初の高所アスレチックの感想は…
高い所はやっぱり怖い。
子供は順応性があってだんだん慣れてうまくこなす。
大人は必死でいらんとこにばかり力が入る( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

楽しかったけど、値段も高いし、1回したら満足かなーーーーというのが
正直な感想。

その上、参加者は手荷物を何も持てないので、
スマホを持てない。
写真撮れない…
ロッカーの水筒の水分補給するたびにロッカー代100円かかる。

そんなこんな色々あるけど、アトラクション以外は、
大きな遊具も駐車場も広っぱも無料で遊べて、結局、
朝から夕方5時半過ぎまでしっかり遊んだ(*‘∀‘)

東大阪市 レーザー溶接

県立淡路公園 小雨降る中しつこく遊ぶ(*`艸´)ウシシシ

あー満喫。
九州、四国をもっと満喫したかったけど、ま、これも良しとしよv( ̄Д ̄)v イエイ

翌日は・・・?
ん?
翌々日やったかな?
背中や腕を中心に体が痛かったことは当然であります。

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - お知らせ