若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

2019年 新年あけましておめでとうございます

      2019/01/05

東大阪市 レーザー溶接機 株式会社吉村熔接所

2019 新年のご挨拶

新年明けまして、おめでとうございます。

昨年12月に新たにALM300を導入しました。

これを機に、心意気新たにますます成長していきますので、今年も何卒よろしくお願いします。

ALM300は、精密で安定した1mm以上のレーザー肉盛溶接が可能な能力を備えています。

これまで、レーザー肉盛溶接するには量が多すぎるのでは?範囲が広すぎるのでは?納期が、かかり過ぎるのでは?

といった、問題解決への新たな糸口になります!!

以前からのレーザー溶接機AL200とALM250と合わせて3台を活用し、55年築き続ける溶接技術をもとに相乗効果を上げるべく社員一同力の限りを尽くします。

是非、何なりとご相談いただけれ幸いです。

代表 六ヶ所伸一

今日のレーザー溶接職人

レーザー溶接,東大阪,レーザー肉盛,レーザー肉盛溶接,金型肉盛補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

リフティングの課題にオジサンも挑戦!

今年も、懲りずにフットサルを続けています。

その前に、まずは小4息子とサッカークラブの練習前に個々で行わなればならない、課題のリフティングを克服できるようにチャレンジしたはなしからスタート!

…なんで、40歳過ぎたオジサンが?!

とも、感じますがまだまだ自主的に練習できない息子にアレヤコレヤ言葉をかけても、結果なかなか動かない事に気付きました。(我が息子だけかもしれませんが・・・)

一緒になってボールを蹴るのが一番!

本人がサッカーを続ける気持ちがある限り、付き合っていきますー

ということで、寒さに負けず公園で2人で朝8時からリフティンングの課題はじめ!まだまだ負けるわけにはいかない!

まずはフリーで20回

・・・様々な課題がある中、はじめのいくつかまでは順調にクリア。しかし、インサイド10回でつまづき、さらには足→頭→胸の3連続を5回するのに完全に息子に負けてしまい。完敗…息子の倍の1時間くらいで、やっと終わりました。

上手い選手は、3分でできるそうです。

修行の道は続きます。

そしてフットサルは、1/4から蹴り始め・・・その話題はまた次回ということで。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - レーザー溶接, お知らせ