若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

新しいパーテーション(衝立)

   

レーザー溶接,東大阪,レーザー肉盛,レーザー肉盛溶接,金型肉盛補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

新パーテーション

パーテーション、衝立のことですね。

3台目の新入りの4日目で、まだまだピカピカです!

レーザー溶接を取り扱うようになり、これまでも2台活用しています。

1つは12年、2つ目は3年が経っています。

1つ目は、初めての購入だったので他の品物と見比べる余裕がなく、慌ただしく決めた記憶があります。年月が経ち、イイ感じにくすんだ色合いになってきています。(布張りなので、油やススなどの汚れが取れにくいのです。・・・)

パーテーションと言えば、日常生活の中で目にする機会が多いところを思い起こすと・・・役所や公民館といった広い会議室のようなところ、病院や銀行でしょうか。事務用品といった目的での品物ではないでしょうか。

そもそも当社の使用目的は、”レーザー溶接時に発せられる光を遮るため”です。

目的に合った、選定が重要です!種類が多いので、一つ一つ条件をクリアしていきます。

まずは、巾×高さ×奥行、寸法を決め、半透明のようなくもりガラス製ではなく、布張り、ホワイトボードなどを選びます。

また、工場で使用するので床はセメントですので、キャスター付ということも重要なポイントです。

レーザー溶接機は、特に大きなものを溶接する場合に向きを変えたりして、溶接ヘッド部分(顕微鏡のついた部分)を移動させることがあるのでキャスターは必須です。

今回も前回と同じ、「ありがとう屋」様に相談することにしました。webページを添付させていただきます。

http://www.arigatouya.jp/osaka/

余裕を持ってお店に向かったのですが、渋滞が思いのほか長く閉店間際になってしまいましたがスタッフの方々が快くキャスターまで付けていただき迅速な対応で助かりました。

ネット検索で見ていた通り、在庫の品物があり”イメージカラーの青”も栄えていて一目で即決。

「ありがとう屋」様、本当にありがとうございました。

皆々様、今年も本当にお世話になりました。皆々様にとって来年も素晴らしい年でありますことを心から願っています。

来年もご指導ご鞭撻の程どうぞよろしくお願いします。

今日のレーザー溶接職人

レーザー溶接,東大阪,レーザー肉盛,レーザー肉盛溶接,金型肉盛補修,肉盛溶接,レーザ溶接,金型溶接

平野スポーツフェスティバル、15チームが参加するサッカー大会に小学4年の息子が、参加しました。

所属チームの結果は、下から数えた方が早い順位・・・まだまだ未熟です。

個人としては、目標としていたミドルシュートをでゴールを決めたことが何よりの成果でした!

決して上手とは言い難いのですが、トップのポジションなので得点にはよく絡んでいます。チームメートがチャンスを作ってくれるので得点の機会には恵まれているので当然というか、もっともっと決めきることが今後の課題です。

今回シュートは、アドバイスし続けていた形が発揮できて本当に良いシュートを見せてくれました。感動をありがとう!次は、もっともっと頼む!!

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - tweet-つぶやき