若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

2017年、今年もお世話になりなりました。来年も㈱吉村熔接所をよろしくお願いします!

      2018/01/05

2017年も残りわずかとなりました。皆様、年末に向けて忙しい日々を送られていることと存じます。

今年も㈱吉村熔接所のレーザー溶接や精密アルゴン(TIG)溶接などを活用していただきありがとうございます。

また、このブログやfacebookからお問い合わせやアクセスをいただきありがとうございます。皆様に支えられていると強く実感すると同時に、続ける何よりの活力となっています。

今後とも、何卒よろしくお願いします。

レーザー溶接,東大阪,精密溶接

久保さんが来社!

今年は、日々の溶接仕事をさらに向上+生産性UPや展示会発表会へ挑戦してきました。

「大型金型対応するレーザー溶接機ALM250順調に稼働中」

2015年12月導入のALM250は、現在まる2年が経ち順調に稼働しています。AL200と共に、作業者2人体制で日々生産性UPすることを念頭に溶接を続けています。金型は勿論、それ以外の案件をいかに獲得するかが今後の課題です。

「大阪工業大学の皆川先生にレーザー溶接に関する改善の指導を受ける」

1年間、今ある機械で今いる人員で生産性をグングンUPさせる指導を受けています。先生にお会いする度に刺激や活力を受け、客観的な視点で指摘していただけるので自分では分からなかった”気付き”もあり良い成果を生んでいます。

「ものづくり補助金成果事例発表会」

11月は本当にこのことで頭がいっぱいでパンクしそうになりました。去年も同じこの時期に展示会へ参加させていただいたので・・・という考えがあまかったですね。今回は、溶接sampleの製作をしつつ発表会があったのです。

何度もこのブログに投稿しているので、嫌というほど分かっていはいるでしょうが・・・ナレッジの安原さんに指導していただき、皆川先生に聞いていただき指導を受けたおかげで日々の練習15分間が本番で生きたと感じます。

そこで、出会った方々とその後もお付き合いができています。堺へ行って工場見学させていただきました。勿論、現状の得意先様とも意見交換する機会を得ることもできています。

それでは最後に、その「ものづくり補助金成果事例発表会」で縁があり出会うことができお話ししていてビビビときた久保様の紹介です。添付写真で察する通りかもしれませんが、サラリとしたロングヘアーが素敵なデザイナーの方です。

展示会にあったレーザー溶接sampleを見て立ち止まり、お話しさせていただいたのをきっかけに、その後、改めてお話しするお時間をいただきました。今後が楽しみな展開まで発展させていける予感がしワクワクしています。

乞うご期待!

今日の若き溶接職人

今年もあと数日になり、本当に寒い日が続いています。

昨日は、無事に39歳で始めたフットサルの最後のスクールを終えました。

奇跡のヘディングゴールを含む2goal、1assistでの締めくくり・・・なぜか、英語変換してみました。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - tweet-つぶやき ,