若き溶接職人の見せ場

レーザー溶接・YAGレーザー溶接・TIG(アルゴン)溶接・半自動(CO2)溶接・ガス(ロー付)溶接・金型の肉盛り溶接

*

アテネ逝く

   

おはようございます。六ヶ所の嫁です。

とうとう、アテネ 力尽きて逝ってしまいました。

9/10日曜日。
この日の朝方はいつもより間隔が短く10分おきくらいに、ワン…ワン…と何かを訴えるように鳴いていた。
どないしたんや~って水をあげてみたり、少しチキンをあげてみたり。
こっちは眠たいのに、何度も何度も鳴かれて、あ~辛い…こんな日がいつまで続くのかってここ数日、思っていた。

でも、きっと、アテネも何かあるから、鳴いてるんやろうし、辛い、痛い、気持ち悪い、しんどい、色々あったんやろうな~…
なんとか、アテネの気持ちに寄り添ってあげたいけど、どうしてほしいのかわからず、ただただすぐ横にいる。

ごはんも、前日の晩から、一切何も食べなかった。
前日の朝までは、ad缶とチキンをほんの少しずつ食べていたけど。

ラブラドール

アテネ ありがとう~

 

日曜日、朝方なかなかゆっくり寝ていなかったからか、10時頃からぐっと寝だした。深く寝ているようでした。
これで、アテネもゆっくり眠れるな~と。
こちらも活動開始。
午前中は長男、長女はプログラミング。午後から長女をサッカーに送って、その間に、運動会にむけてビデオカメラを買いにと、仕事の買い物をして、また長女を迎えに行って帰ってみると、態勢を全く変えずに寝ているアテネがいました。

でも、しっかりとした、呼吸があったから安心はしたけど、逆にいつもより荒い気がした。

それからは、もうなんかあっという間で。
ごはんしようか~と声をかけても起きる様子がないアテネに、違和感を感じて。

みんなで声をかけて、
目を開けたかと思うと、目がうつろ…涙を浮かべているように見えた。

みんなが帰ってくるまで待ってくれていたに違いない‼確実にそんなタイミングでした。

そして、家族全員が見守る中。

アテネは息を引き取りました。

 

 

2004年1月7日生まれ。
我が家の子になってくれたのが、確か2月21日 生後45日の頃だった。

13年半、家族だったアテネの存在はかなり大きい。
子供たちにとっても、産まれた時からずっと、一緒だった大事な大事な家族。

心にポッカリ大きな穴が空いています。

アテネありがとう。
ホンマに家族みんながアテネに癒され、アテネに励まされ、アテネに愛された日々でした。

アテネの場所

 

アテネのいた場所を見ると、泣けてきます。

アテネに会いたいな~

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 - tweet-つぶやき, お知らせ